[httpd][2.2.31]インストール

環境

今回、インストールを行った環境は、以下の通りです。

  • OS:CentOS 6.7

インストールするものは、以下です。

  • httpd:2.2.31
  • apr:1.5.2
  • apr-util:1.5.4
  • pcre:8.37

ソースファイルのダウンロード

httpd のソースファイルをwgetで取得してきます。
また、インストールする前提として、apr(Apache Portable Runtime) と PCRE(Perl Compatible Regular Expressions) が必要となりますので、こちらのソースファイルもwgetで取得しておきます。

それぞれ、以下のURIからwgetできます。

  • apr
    • http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache/apr/apr-1.5.2.tar.gz
  • apr-util
    • http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/apache/apr/apr-util-1.5.4.tar.gz
  • pcre
    • http://downloads.sourceforge.net/project/pcre/pcre/8.39/pcre-8.39.tar.gz
  • httpd
    • http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache/httpd/httpd-2.2.31.tar.gz

今回は、「/usr/local/src」ディレクトリにソースファイルを保存しておきます。

# cd /usr/local/src
# wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache/apr/apr-1.5.2.tar.gz
# wget http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/network/apache/apr/apr-util-1.5.4.tar.gz
# wget http://downloads.sourceforge.net/project/pcre/pcre/8.39/pcre-8.39.tar.gz
# wget http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/software/apache/httpd/httpd-2.2.31.tar.gz

インストール

ソースファイルをダウンロードしたら、展開・インストールしましょう。
依存関係がありますので、以下の順序で進めます。

  1. apr
  2. apr-util
  3. pcre ( これは httpd より前にインストールすればOKです)
  4. httpd

apr のインストール

# tar zxvf apr-1.5.2.tar.gz
# cd apr-1.5.2
# ./configure --prefix=/usr/local/apr-1.5.2
# make
# make test
# make install
# cd /usr/local
# ln -s apr-1.5.2 apr

「rm: cannot remove ‘libtoolT’: No such file or directory」

configure実行時に「rm: cannot remove ‘libtoolT’: No such file or directory」とエラーが表示されて止まってしまう場合は、configureファイルの内容を修正する必要があります。

configureファイルの30206行目を以下のように修正してください。

$RM "$cfgfile"
↓
$RM -f "$cfgfile"

configureファイルを修正したら、改めてconfigureを実行してください。

apr-util のインストール

# cd /usr/local/src
# tar zxvf apr-util-1.5.4.tar.gz
# cd apr-util-1.5.4
# ./configure --prefix=/usr/local/apr-util-1.5.4 --with-apr=/usr/local/apr
# make
# make test
# make install
# cd /usr/local
# ln -s apr-util-1.5.4 apr-util

pcre のインストール

# cd /usr/local/src
# tar zxvf pcre-8.39
# cd pcre-8.39
# ./configure
# make
# make test
# make install

httpdのインストール

httpdのビルドには、いろいろなオプションがあります。
利用したい機能に必要なモジュールを指定していく必要があるのですが、モジュールの数は非常に多く個別に選択するとなると大変です。
全てビルドしてしまって、あとから不要なものを無効化することもできます。
全部ビルドのオプションは以下のページに記載があります。

http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/programs/configure.html
Caveat: –enable-mods-shared=all does not actually build all modules. To build all modules then, one might use:

./configure \
–with-ldap \
–enable-mods-shared=”all ssl ldap cache proxy authn_alias mem_cache file_cache authnz_ldap charset_lite dav_lock disk_cache”

今回は、all と ssl を指定することにしました。個人的には、それ以外は使わない気がしますので。
必要になったときに、ビルドしなおすことにします。

なお、システムのライブラリのインストール状況によりますが、以下のパッケージを入れておかないとconfigureでエラーになります。

# yum install zlib zlib-devel
# yum install openssl openssl-devel

では、インストールしましょう。

# cd /usr/local/src
# tar zxvf httpd-2.2.31.tar.gz
# cd httpd-2.2.31
# ./configure --prefix=/usr/local/apache-2.2.31 --with-apr=/usr/local/apr --with-apr-util=/usr/local/apr-util --enable-mods-shared="all ssl" --enable-so
# make
# make install
# cd /usr/local
# ln -s apache-2.2.31 apache2

インストール後の確認

モジュール関連の状態

インストールした直後の状態で、どんなモジュールがロードされるのか確認したところ、以下のような状態でした。

# /usr/local/apache2/bin/httpd -M
Loaded Modules:
core_module (static)
mpm_prefork_module (static)
http_module (static)
so_module (static)
authn_file_module (shared)
authn_dbm_module (shared)
authn_anon_module (shared)
authn_dbd_module (shared)
authn_default_module (shared)
authz_host_module (shared)
authz_groupfile_module (shared)
authz_user_module (shared)
authz_dbm_module (shared)
authz_owner_module (shared)
authz_default_module (shared)
auth_basic_module (shared)
auth_digest_module (shared)
dbd_module (shared)
dumpio_module (shared)
reqtimeout_module (shared)
ext_filter_module (shared)
include_module (shared)
filter_module (shared)
substitute_module (shared)
deflate_module (shared)
log_config_module (shared)
log_forensic_module (shared)
logio_module (shared)
env_module (shared)
mime_magic_module (shared)
cern_meta_module (shared)
expires_module (shared)
headers_module (shared)
ident_module (shared)
usertrack_module (shared)
unique_id_module (shared)
setenvif_module (shared)
version_module (shared)
ssl_module (shared)
mime_module (shared)
dav_module (shared)
status_module (shared)
autoindex_module (shared)
asis_module (shared)
info_module (shared)
cgi_module (shared)
dav_fs_module (shared)
vhost_alias_module (shared)
negotiation_module (shared)
dir_module (shared)
imagemap_module (shared)
actions_module (shared)
speling_module (shared)
userdir_module (shared)
alias_module (shared)
rewrite_module (shared)
Syntax OK

モジュールもちゃんとビルドされていました。いい感じです。

# ls /usr/local/apache2/modules
httpd.exp mod_cern_meta.so mod_log_forensic.so
mod_actions.so mod_cgi.so mod_logio.so
mod_alias.so mod_dav.so mod_mime.so
mod_asis.so mod_dav_fs.so mod_mime_magic.so
mod_auth_basic.so mod_dbd.so mod_negotiation.so
mod_auth_digest.so mod_deflate.so mod_reqtimeout.so
mod_authn_anon.so mod_dir.so mod_rewrite.so
mod_authn_dbd.so mod_dumpio.so mod_setenvif.so
mod_authn_dbm.so mod_env.so mod_speling.so
mod_authn_default.so mod_expires.so mod_ssl.so
mod_authn_file.so mod_ext_filter.so mod_status.so
mod_authz_dbm.so mod_filter.so mod_substitute.so
mod_authz_default.so mod_headers.so mod_unique_id.so
mod_authz_groupfile.so mod_ident.so mod_userdir.so
mod_authz_host.so mod_imagemap.so mod_usertrack.so
mod_authz_owner.so mod_include.so mod_version.so
mod_authz_user.so mod_info.so mod_vhost_alias.so
mod_autoindex.so mod_log_config.so

では、続いて設定ファイル(httpd.conf)の作成を行います。

環境 今回、設定ファイルを作成する環境は、以下をインストールした状態となります。 OS:CentOS 6.7 httpd:...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク