draw.ioのデスクトップアプリ

ブラウザからWebサービスとして使用できる無料のドローイングツールの1つとして、「draw.io」というツールがあります。

で、こちらのツールは、Windowsなどのデスクトップアプリも提供されています。
最近になってこのツールを使い始めたので、簡単にメモしておきます。

デスクトップ版draw.io

デスクトップ版の draw.io は、以下の Github リポジトリで公開されています。

Official electron build of diagrams.net. Contribute to jgraph/drawio-desktop development by creating an account on GitHub.

インストーラーなどは、以下のリリースから手に入れることができます。
2020年2月8日時点で、バージョン 12.6.5 が最新となっています。

Official electron build of diagrams.net. Contribute to jgraph/drawio-desktop development by creating an account on GitHub.

対応OS

現時点で対応しているOSは、

  • Windows
  • macOS
  • Linux – deb, snap, AppImage or rpm
  • Google Chrome OS

となっています。
主要なOSに対応しているので、困ることは少ないと思います。

便利なポイント

デスクトップ版だけではなく、Webサービス版も同じですが、便利だと思ったポイントを挙げてみます。

テンプレートが豊富に用意されている

新規ダイアグラムを作成する際に、豊富なテンプレートからベースを選択することができます。
フローチャートやスイムレーンなど、多岐に渡るテンプレートがあります。

エクスポート形式が多い

draw.io で作成した画像などは、以下の形式でエクスポートすることができます。
種類が多くて、とても便利です。

  • 画像
    • PNG
    • JPG
    • SVG
  • PDF
  • VSDX
  • HTML
  • XML
  • URL

URLは、Webサービス版のdraw.ioのURLが生成されます。

ある程度自動的にいい感じにしてくれる

例えば、フローチャーを作成する際に、矢印を枠の中心につなげてくれたり、次の枠をワンクリックで作成できたりと、自動でいい感じに動作してくれる箇所が多々あり、スイスイ作図することができます。
Excelでちまちまフロー図を作るよりも、すいぶん効率よく作図できます。

まとめ

draw.io 自体を使い始めてまだ間がないので、細かなところまでは確認できていませんが、現時点では使い勝手がよく便利なツールだと思います。
Githubやクラウドストレージとの連携もできるようなので、これから使い込んでいこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク