ESXi7 用の PC を作る(2台目)

数か月前に ESXi を使えるように PC を1台組み立てたのですが、さらに ESXi を動かしたい気持ちになってきたので、追加でもう1台 PC を組み立ててみました。

パーツ選定

前回の PC はそれなりに新しいパーツを使いましたが、今回はできるだけ安く作ることを意識して、以下のようなパーツにしました。

パーツ内容価格
CPUIntel Xeon E5 2650L V21,877 円
CPU FanDEEPCOOL Gammaxx GT BK3,680 円
MotherboardX79 中華 Motherboard7,805 円
MemoryDDR3 REG ECC 1333MHz 16GB x 27,956 円
Storage 1WD Western Digital Green WDS100T3G0C-EC10,983 円
Storage 2WD Western Digital Blue WD40EZAZ9,008 円
GPUGIGABYTE NVIDIA GeForce GT1030 GV-N1030SL-2GL13,288 円
NIC10Gtek I210-T1-(Intel-1pc)fba5,500 円
CaseMasterBox Q500L MCB-Q500L-KANN-S007,678 円
PSUFSP SDA2-75013,304 円
総額75,999 円

CPU と Motherboard、Memory は Aliexpress で購入。それ以外は、Amazon などの国内通販で購入。
総額 76,000 円ほど。

安く作ろうとした割にはまあまあ高くなってしまいましたが、CPU や Motherboard、Memory 以外は今後も使いまわせると思うので、良しとしておきましょう。

古い CPU とはいえ、10コア20スレッドの Xeon E5 2650L V2 が 1,900円で買えてしまうのには驚きですね。

ESXi 7 update 3 のセットアップ

PC を組み立てたら、早速 ESXi 7 Update 3 をインストールします。
以前にインストールした際は Update 1 だったので、2つ新しくなってますね。

NIC 問題

購入した Motherboard にはオンボード NIC が搭載されているのですが、以前と同じく認識しないのだろうなと思っていたら予想通り NIC が認識せず、インストールができませんでした。
どんなチップを使っているのかを調べてみたら、 Realtek の RTL8111/8168/8411 というのが使われているようでした。

ネットを調べてみると、どうやら ESXi 7 は Realtek の NIC をサポートしていない様子。
前回のように、オフラインバンドルを使ってもなんともならなさそうなので、素直に ESXi 7 に対応している NIC を購入することにしました。

購入した NIC は、10Gtek というメーカーが販売しているもので、Intel 製の I210-T1 というチップが使われたものです。
VMware Compatibility Guide で調べてみると、対応チップとして出てきます。

購入した NIC を取り付けて再度インストールを試みたとろこ、何の問題もなくインストールが完了しました。

まとめ

これで、2つの ESXi 7 が動く PC が確保できました。
今のところ、データストアをそれぞれの PC のローカルディスクに用意しているのですが、NAS などでどちらの ESXi からも参照できるようにして、環境を整えていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク