CentOS 7 に Python 3 をインストールする。

環境

今回、設定ファイルを作成する環境は、以下をインストールした状態となります。

OS:CentOS 7.5

Python 3 のインストール

Pythonの公式サイトを参考に、インストールします。

CentOS 7 には最初からPythonがインストールされており、そのまま利用可能です。 しかし、このPython は、 OS がさまざまな機能を提供するために使用しています。ユーザが勝手にパッケージを導入したりすると、 OS の安定性を損なうことも考えられますので、別途、あたらしいPythonをインストールするのが...

リポジトリの追加

CentOS 7.5 のリポジトリには Python 3 がリリースされていないので、IUSのリポジトリを追加します。

IUSのリポジトリがない状態だと、python3系のパッケージは見つかりません。

$ sudo yum list | grep python3
※何も出力されない

リポジトリを追加しましょう。

$ sudo yum -y install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

リポジトリを追加すると、たくさん出てきますね。

$ sudo yum list | grep python3
※何も出力されない

それでは、Python 3 をインストールしましょう。

$ sudo yum -y install python36u  python36u-devel python36u-pip

以下のパッケージがインストールされました。

  • packaged
    • python36u
    • python36u-devel
    • python36u-pip
  • Installing for dependencies:
    • python36u-libs
    • python36u-setuptools

余談 IUSとは?

IUSは、EnterpriseLinuxに新しいバージョンのRPMパッケージを提供しているプロジェクトです。

IUS is a community project that provides RPM packages for newer versions of select software for Enterprise Linux distributions.

公式サイトは以下です。
https://ius.io/

確認

Python 3 がインストールされたら、確認してみましょう。

$ python -V
Python 2.7.5
$ python3.6 -V
Python 3.6.5

python3.6 という形で実行すれば使えるようになっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク